プロバイダーは光で選ぼう

IP電話と光電話の違い

NTT西日本・東日本が提供するフレッツ光のサービスについている「ひかり電話」。
この光電話にすると、機能は普通の電話と同じで、料金だけ安くなるという大変お得な電話です。
お得な電話といえば、一時流行ったIP電話がありますが、従来のIP電話とひかり電話では、何が違うのかご説明いたします。

基本的に光電話というのは、機能は通常の固定電話とほとんど変わりません。
電話番号も一緒ですし、操作方法も一緒です。
大きく違う所は料金です。そうです、料金が光電話の方がぐんと安くなるのです。
ですから、光電話が利用できるのであれば、光電話を使う方が断然お得になります。
この光電話が使えるか使いないかは、住んでいる地域によって違います。
これは光プロバイダーに変更する時にわかりますので、申込時に確認をするとよいでしょう。

ではどれほどお得になるのか、IP電話などと比較をしてみましょう。

IP電話

電話網の一部もしくは全てにインターネットで利用されるIPを利用した電話サービス。

NTTのひかり電話

電話番号も電話機も変えずに使える加入権不要の新固定電話サービス。
サービスに対応した電話ルータが必要。

IP電話のメリット

掛ける先が同じプロバイダーなら無料。

IP電話のデメリット

掛ける先が固定電話だと有料。
固定電話と比べると質が劣る場合がある。
ADSLだと050から始まる番号になり、電話番号が変わってしまう。
FAXは不可。

NTTひかり電話のメリット

固定電話を使っていた時と同じ番号で使える(*1)。
固定電話との切り替えも出来る。
固定電話と比べると料金が格安。
(基本料金:固定電話1700円、光電話500円)
全国どこにかけても同じ料金(全国どこでも3分8.4円)
電話ルータを無線LANタイプの物に選べば無線機能が使える
FAXも可能。

NTTひかり電話のデメリット

環境によっては工事費が異なる。
携帯電話に掛ける場合は料金が他のものと変わらない。
一部の電話番号に繋がらない場合がある(*2)

*1:一部で変更が必要にある場合もある
*2:フリーダイヤルの場合は契約者がひかり電話から着信させない契約になっていると繋がりません。電話機等に搭載された機能が原因なので機能を停止すれば繋がります。